Navigation

スイスの賃金 欧州第2位

スイスは高収入のイメージがあるようだ。ロンドンの機関が実施した調査で、スイスは欧州でデンマークに次いで2位の高賃金であることがわかったが、賃金格差も大きいことが判明した。

このコンテンツは 2002/02/25 11:25

欧州雇用者連合が39ヶ国、約30の「平均的な職種」大中小企業を対象に実施した調査によると、スイスの賃金は下は時給18スイスフランから上は時給735スイスフランと、何と700スイスフラン以上の差があり、欧州でも最大の格差がある国の一つだった。これは、トップ10%の収入が最下層10%の収入の9倍もあるロシアに次ぐ大きな格差だ。また、男女差も大きく、女性の賃金は男性の72%で、女性の社会進出も他の欧州諸国の2分の1程度しかなかった。さらに、スイス企業の管理職の平均時給は195スイスフランから735スイスフランであることがわかった。また、スイスの平均労働時間は週42時間だ。

「スイスは欧州で最も(収入面での)階層差が大きい社会で、イタリアや東欧諸国よりはましな程度だろう。」という欧州雇用者連合のロビン・チャターさんは、スイスの賃金格差が大きいのは、世界最大の金融機関のいくつかがスイスにあるからだと指摘する。スイスの賃金労働者の60%を雇用する銀行、保険、投資など金融セクターは、高賃金を払うのが特質だ。また、スイスには最低賃金を定めた法律はないが、スイスの最低賃金は欧州の中では比較的高いほうだ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。