Navigation

スイス人になるために。国民投票で是非が問われるスイス国籍取得問題

事実上スイス人になりきっている人達がスイス国籍をより簡単に取得することができるようになるか。9月26日の国民投票で決まる。 swissinfo C Helmle

9月26日に行われる国民投票では、郵便サービスの縮小に反対するイニシアティブ、出産育児保険充実のための法改正、国籍を取得しやすくするための連邦憲法改正などの4項目の是非が問われる。

このコンテンツは 2004/09/08 15:32

スイスに住む外国人は全人口の20.5%で、欧州諸国でもその比率は高い。一方で、外国人のスイスへの融合が進んでおり、外国人の4分の3はスイスで生まれたか8年以上スイスに住んでいる人達。スイス人とあまり変わりない生活をする外国人に対し、国籍の取得を簡素化する連邦憲法の改正の是非の論議が、国民投票前夜の当地で沸騰している。

9月26日に行われる国民投票で問われる4つの項目のうち国民が特に注目しているのは、外国人の国籍取得に関連する2つの項目。同様の提案は、1983年と1994年に2度なされたが、いずれも否決された。しかし今回は、「いまのスイスでは外国人に対する不信感が以前より少なく、承認される見込みはある」と連邦司法省の外国人受け入れおよび融合促進局のエドゥアルト・クネサ局長は見ている。

スイス人と変わりない外国人に対して

長い間スイスに住み、スイスに融合している外国人が増えた現状を受け、連邦政府は国籍取得の簡素化を狙う憲法改定を提案し、今回の国民投票でその是非を問う。

現在は、各々の自治体に国籍審査および認可の権限があり、自治体ごとに取得条件が異なるが、2つの政府案が国民に承認されれば、全国で統一されることになる。

改定案の主な内容は以下のとおり。両親がスイスに引っ越してきた外国人でいわゆる2世のスイス国籍取得の条件は、スイスの自治体の滞在許可を所有する14歳から24歳で、5年以上義務教育をスイスで受けた人。さらに、いま住んでいる自治体に2年以上前から住んでいること。その自治体で話す言葉を話し、犯罪歴がないことが挙げられる。

また、両親のうち一人が2世である3世については、自動的にスイスの国籍を与える。しかし、両親が必要ないと判断すれば、これを尊重する。この人が18歳になった時点でスイスに住んでいれば、本人の判断で国籍を選択できる。

スイス国籍取得の簡素化は若い外国人が対象となる。連邦政府は、「スイス国籍の有無にかかわらず若者はスイスの経済、社会、文化に長く寄与しつづける。スイス人としてスイスに同化し、労働し、活躍した方がスイス国家にとってより一層利益がある」と連邦憲法改正の必要性を訴えている。

連邦制による地方格差

現在、スイス国籍を取得するためには自治体の審査が必要である。自治体により審査基準が違うため、不平等が生じている。

グラウビュンデン州のカランカタルは「スイスパスポートの天国」。同自治体に住んでいる必要はなく、書類を当局へ郵送し、4,000フラン(約34万円)で国籍を取得できる。ここで1981年から2000年までに国籍を取得した515人のうち、同自治体に住んでいる人は一人もいない(8日付ターゲスアンツァイガー(ドイツ語圏の日刊紙))。

一方で、自治体に長く住んでいることを条件とする自治体は多い。定住年数の指定が極端に長いのは、グラウビュンデンのマランツで、99年。観光客にはハイジランドで有名なマイエンフェルトでは80年とスイス人になるのはほぼ不可能な条件のところもある。(パスカル・シュタイナー、ハンスルドルフ・ヴィッカー共著「国籍取得のパラドックス」より)

国民投票で国籍取得の簡素化が承認されれば、連邦レベルでの統一も図られ、こうした不平等も是正されることになる。

承認された場合の見通し

政府案に反対するのは、国民党などの右派。簡素化はスイス国民に対する外国人の割合を統計的に下げる目的がある。3世に自動的に国籍を与えるのは行き過ぎで、大人になってから決めるのが妥当、などと反対している。

一方、前出の外国人受け入れおよび融合促進局、エドゥアルト・クネサ局長によると、国民投票で外国人のスイス国籍の取得が簡単になった場合、2世のうちスイス国籍を希望する人は、初めの1年で5,000人から1万人ほど増えるが、その後は減少する。また、スイスで生まれた3世の自動取得は5,000人増の見込み。「二重国籍を許さない国もあるため、スイス国籍を希望しない人もいる」と同氏は見る。

スイスに住む外国人が国籍を取得すれば、選挙権を得られるなどのメリットがある。一方、兵役の義務も課せられる。それでもスイス国籍を取得したいと思う、ほとんどスイス人と変わりない外国人に対して、国民の受け入れの度合いが9月26日に問われることになる。

スイス国際放送 佐藤夕美 (さとうゆうみ)

キーワード

9月26日の国民投票

2世、3世に対する国籍取得の簡素化のための連邦憲法改正
郵便サービスの縮小に反対するイニシアティブの是非
出産手当の充実

End of insertion

補足情報

スイス人と外国人(2001年連邦統計局)
全人口 7,261,210人
スイス人 5,803,408人
外国人 1,457,802人
平均年齢
スイス人41.4歳
外国人 33.7歳
外国人の出身国
欧州諸国(トルコを含む) 812,913人
多い順に旧ユーゴスラビア、イタリア、ポルトガル、ドイツなど
アフリカ諸国 40,442人
アメリカ大陸 53,404人
アジア諸国 81,731人

End of insertion

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。