Navigation

スイス企業、ナチ政権下のドイツ工場でユダヤ人に強制労働

世界ユダヤ人会議は、ナチ政権下のドイツでスイス企業がユダヤ人に強制労働をさせていたとして、該当する企業が26日に発表されたスイス銀行とユダヤ人グループの和解金支払いに参加しなければ法的手段に訴えると発表した。(写真:シュタインバーグ世界ユダヤ人会議事務総�

このコンテンツは 2000/07/28 11:28

世界ユダヤ人会議は、ナチ政権下のドイツでスイス企業がユダヤ人に強制労働をさせていたとして、該当する企業が26日に発表されたスイス銀行とユダヤ人グループの和解金支払いに参加しなければ法的手段に訴えると発表した。

世界ユダヤ人会議(WJC)のエラン・シュタインバーグ事務総長は、該当する企業が12億5、000万ドル(20億スイスフラン)の和解金支払いへの参加に30日以内に合意しなければ、起訴するとSRG(スイス公共放送)に語った。

先日エドワード・コールマン・ニューヨーク州判事のもとで、スイス銀行とホロコースト犠牲者の間で成立した和解協定は、ナチ政権下の犠牲者に、より多くの司法手段に訴える道を開いた。協定に基づき、ナチ政権下のドイツ出先機関でユダヤ人に強制労働させていたスイス企業は、30日以内に登録し強制労働者の名簿公開に協力しなければならない。

関連した企業名は明らかにされていないが、金属、兵器、食品産業だと言われている。当時南ドイツに提携企業があったネスレは、後を引き継いだ企業として、和解金支払いに応じたいと27日発表した。アルミニウムのAlgroupとエンジニアリングのGeorg Fischer社も、強制労働への賠償金に応じる用意があり、また第2次大戦中のスイスの役割を研究している歴史家のグループBergier委員会に社の記録を提出すると発表した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。