Navigation

スイス国立銀行、金利据え置き

スイス国立銀行(SNB)は、金融政策のターゲットレンジ、ロンドン銀行間取引金利を3%から4%に据え置くと発表した。

このコンテンツは 2000/09/15 16:47

スイス国立銀行(SNB)は、金融政策のターゲットレンジ、ロンドン銀行間取引金利を3%から4%に据え置くと発表した。

SNBは、第4四半期の金融政策声明で、中期(3ヵ月)ロンドン銀行間取引金利の据え置きを発表した。またインフレは、2001年に2%になるものの、2002年には下方傾向に向かうと、6月の第3四半期の金融政策声明での見解を繰り返した。

エコノミストらは、SNBが金利を引き上げについて見方が分かれていたが、最近のスイスフランの対ユ−ロ高が金利引き上げでさらに進む怖れがあるため、SNBはスイスの最大輸出市場である対EU貿易を考慮し、利上げに踏み切らなかった。

が、多くのエコノミストは、年末までにはSNBが金利を25ポイント引き上げるだろうと見ている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。