ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス政府、タリバンの仏像破壊に抗議

バーミヤンの巨大石仏も破壊されたと伝えられる。

(Keystone Archive)

アフガニスタンの国土約95%を支配するイスラム原理主義勢力タリバンが国内すべての仏像など宗教的な彫像の破壊に着手したことに対し、スイス政府は公式に抗議し、世界的な歴史・負サ遺産を保護するよう訴えた。

連邦外務省は、破壊された仏教遺跡は人類共通の負サ遺産だとして、タリバンに彫像破壊の命令を撤回するよう要請した。タリバン最高指導者オマル師は、仏像など偶像崇拝はアラーを唯一の噛みとするイスラムの教えに反するとし、国内の全ての彫像破壊を命bス。タリバンは、仏教遺跡バーミヤンの5世紀頃建立された世界最大(高さ53mと37m)の巨大石仏もすでに破壊したと発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×