Navigation

スイス特使 アラファト議長と会談

エルサレムで19人が死亡50人が負傷する自爆テロの起きた18日、スイスのBlaise Godet特使(元駐エジプト大使)はヨルダン川西岸ラマラでアラファト議長と会談、安全保障とテロ、パレスチナ・イスラエル双方の民間人保護のためのスイス和平案などについて話し合った。

このコンテンツは 2002/06/19 09:59

スイス案は、民間人の保護の保障の仕方に焦点をしぼると共に、緊急医療サービスへのアクセス改善、私有財産破壊などにも取り組んだもの。スイス政府は人権尊重を監視制度とイスラエル・パレスチナ間の連絡手段の確立を計画している。シュトッフェル外務省報道官は「プランは具体的なものではなく、地域の和平促進のスタートポイントを示唆するアイデアだ。」と述べた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。