Navigation

スイス経済、過去10年で最高

クレディ・スイス・ファイナンシャルグループの経済動向分析によると、今年の経済成長率は1990年以来最高だが、2001年からは成長率も控えめになる見込みだ。

このコンテンツは 2000/09/25 16:29

クレディ・スイス・ファイナンシャルグループの経済動向分析によると、今年の経済成長率は1990年以来最高だが、2001年からは成長率も控えめになる見込みだ。

25日チューリッヒでの記者会見で、クレディ・スイス・ファイナンシャルグループ(CSグループ)は、スイスのGDP成長率は今年は3.3%、来年(2001年)は2.5%になるという予測を発表した。成長減速の原因としては、世界経済の成長の減速、米ドルとスイスフランの対ユーロ高、原油価格高騰、スイス労働市場における高技術者の不足が上がった。

CSグループの主席エコノミスト、アロイス・ビショフベルガー氏は、原油価格高騰は経済上では購買力の低下と同じ意味を持つと説明した。「暖房費とガソリンの値上がりは、可処分所得2%減少にあたり、他の個人消費にブレーキがかかることは必然だ。」と述べた。

またインフレに関しては、現在の1.3%から2%以上に上昇するが、来年初めにはまた下降線を辿るだろうと予測した。2000年の平均インフレ率は1.7%、来年は1.8%の予測。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。