ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス航空、エアバス点検終了

フランスの民間航空当局は8日、安全上の理由からエアバスA330の離陸禁止令を発令したが、スイス航空は9日同社のエアバス9機を点検、安全性を確認したと発表した。

フランスの民間航空当局は8日、安全上の理由からエアバスA330の離陸禁止令を発令したが、スイス航空は9日同社のエアバス9機を点検、安全性を確認したと発表した。

フランス民間航空当局は、エンジンを翼に装着するナットの損傷を理由にPratt & Whitenyのエンジンを搭載したエアバスA330全機に対し離陸禁止令を出した。Pratt & Whiteny以外のエンジンを搭載したエアバスA330は、対象外だという。仏当局の決定を受け、スイス航空は8日のジュネーブとチューリッヒからのニューヨーク便を欠航にし、9日代替機による振り替え便を出した。


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×