Navigation

スイス航空、エアバス点検終了

フランスの民間航空当局は8日、安全上の理由からエアバスA330の離陸禁止令を発令したが、スイス航空は9日同社のエアバス9機を点検、安全性を確認したと発表した。

このコンテンツは 2000/12/11 10:35

フランスの民間航空当局は8日、安全上の理由からエアバスA330の離陸禁止令を発令したが、スイス航空は9日同社のエアバス9機を点検、安全性を確認したと発表した。

フランス民間航空当局は、エンジンを翼に装着するナットの損傷を理由にPratt & Whitenyのエンジンを搭載したエアバスA330全機に対し離陸禁止令を出した。Pratt & Whiteny以外のエンジンを搭載したエアバスA330は、対象外だという。仏当局の決定を受け、スイス航空は8日のジュネーブとチューリッヒからのニューヨーク便を欠航にし、9日代替機による振り替え便を出した。


このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?