Navigation

スイス観光業界のお得意さまは、中高年

スイス観光業界の最大手市場は、中高年層だ。チューリッヒで行われたシンポジウムで、業界は今後、健康で豊かな50才以上をターゲットとする戦略を打ち出した。

このコンテンツは 2000/06/03 16:22

スイス観光業界の最大手市場は、中高年層だ。チューリッヒで行われたシンポジウムで、業界は今後、健康で豊かな50才以上をターゲットとする戦略を打ち出した。

チューリッヒのInternational School for Tourism主宰の国際シンポジウムのテーマは、「50才以上のパワージェネレーション」だった。50才以上の人口は、全スイス人口の29%にあたり、ベビーブーム世代が定年の年代に入ってきている。今日の50才以上は、昔の中高年層とくらべ、自由になる収入が多く、健康だ。観光業会は、ここに目をつけた。

が、スイスの50才以上を観光市場にひきつけるのは、大変だそうだ。この年代は、質、安全対策、快適さにうるさい。荷物を持つのもいやがるし、乗り換えが多いのもいやがる。

それでもスイスのホテルやリゾートでは、この世代をターゲットに戦略転換をしている。グラウビュンデン州スクォールのホテルは、この世代とのコネを広げるため、50才以上の従業員を増やした。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?