Navigation

スイス、イスラエル軍に攻撃停止要請

スイス連邦政府はイスラエル政府に、パレスチナ住民に対する度を超した武力行使を即時停止するよう要請した。

このコンテンツは 2000/10/13 15:33

スイス連邦政府はイスラエル政府に、パレスチナ住民に対する度を超した武力行使を即時停止するよう要請した。

連邦外務省の報道官は、スイスはイスラエル軍のパレスチナ暫定自治区に対する武力攻撃を深く憂慮すると述べ、度を超した兵力を直ちに引き上げるべきよう要請した。また、イスラエル・パレスチナ双方に、市民への暴力を停止するためのあらゆる努力をするよう呼び掛けた。

イスラエルのバラク首相は、イスラエルにとってアラファト議長は最早和平のパートナーではないという印象を受けたと発言、パレスチナとの和平に消極的な右派リクード党を含む挙国一致非常事態政府結成を呼び掛けた。

12日夜起きたイスラエル兵2人がパレスチナ住民によるリンチで死亡した事件を受け、イスラエル軍はヨルダン川西岸のラマラ、ガザを報復攻撃した。パレスチナ自治政府のシャース国際協力相は、イスラエル軍の攻撃はパレスチナに対する宣戦布告だと非難、国連安保理にイスラエル軍の攻撃を中止させるよう緊急協議を要請した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。