Navigation

スイス・ウクライナ外相会談

ウクライナを訪問しているジョセフ・ダイス外相(左)は、アナトリー・ズレンコ・ウクライナ外相(右)と会談、2つの経済協力協定に調印し、またウクライナの原発の安全確認とチェルノブイル原発事故の被害者への援助を続けることを確約した。

このコンテンツは 2000/10/31 14:49

ウクライナを訪問しているジョセフ・ダイス外相(左)は、アナトリー・ズレンコ・ウクライナ外相(右)と会談、2つの経済協力協定に調印し、またウクライナの原発の安全確認とチェルノブイル原発事故の被害者への援助を続けることを確約した。

スイスはウクライナの教育、保健、環境、司法制度確立などのため、年間約400万スイスフラン(223万ドル)の資金援助を続けている。1986年のチェルノブイリ原発事故の被害者のための健康管理と心理的支援は、スイスの援助金で賄われている主要プロジェクトの1つだ。

また、両外相は、2重課税の合意、物と人の移動における合意の2つの経済協力協定に署名した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。