ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス・ウクライナ外相会談

ウクライナを訪問しているジョセフ・ダイス外相(左)は、アナトリー・ズレンコ・ウクライナ外相(右)と会談、2つの経済協力協定に調印し、またウクライナの原発の安全確認とチェルノブイル原発事故の被害者への援助を続けることを確約した。

ウクライナを訪問しているジョセフ・ダイス外相(左)は、アナトリー・ズレンコ・ウクライナ外相(右)と会談、2つの経済協力協定に調印し、またウクライナの原発の安全確認とチェルノブイル原発事故の被害者への援助を続けることを確約した。

スイスはウクライナの教育、保健、環境、司法制度確立などのため、年間約400万スイスフラン(223万ドル)の資金援助を続けている。1986年のチェルノブイリ原発事故の被害者のための健康管理と心理的支援は、スイスの援助金で賄われている主要プロジェクトの1つだ。

また、両外相は、2重課税の合意、物と人の移動における合意の2つの経済協力協定に署名した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×