Navigation

スイス、バルカン安定パクトに近く加盟

近い将来、スイスのバルカン安定パクト(Balkans Stability Pact )加盟が実現しそうだ。

このコンテンツは 2000/06/10 15:20

近い将来、スイスのバルカン安定パクト(Balkans Stability Pact )加盟が実現しそうだ。

現在スイスは、バルカン地方で行われる外交援助の監督を目的とするバルカン安定パクトに、オブザーバーとして参加している。ギリシャのテサロニキで行われた非公式の話し合いで、スイス代表は、スイスの正式加盟は、間もなく加盟国外相らによって承認されると伝えられた。スイス、ノルウェー、カナダ、日本の4ヶ国は、もし反対する外相がなければ、数週間のうちに加盟が承認される。

スイス代表のマルク=アンドレ・サラミン大使は「バルカンへの最大援助国として、スイスは1999年のパクト創設以来、加盟キャンペーンを続けてきた。」と言う。3月スイス連邦外務省は、もしスイスの加盟が認められなければ、援助金の拠出を減らすと、パクトに圧力をかけていた。バルカン安定パクトの総予算約380億スイスフランのうち、およそ2、700万スイスフランはスイスの拠出金だ。

現在バルカン安定パクトは、EU、米国、バルカン諸国の約30ヶ国で構成されている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。