Navigation

スイス、飲酒運転欧州1位

飲酒運転欧州1の不名誉に輝いたスイス Keystone Archive

週末、欧州全域で飲酒運転取り締まりキャンペーンが行われた。各国の警察が走行中のドライバーを対象にアルコール・テストを実施したところ、スイスとリヒテンシュタインでは飲酒運転をしていた者が他国の3倍も多かった。

このコンテンツは 2001/11/05 09:38

11月3日と4日、欧州全域で警官2700人を動員し、49、000人のドライバーにアルコール・テストを行った。欧州全体での結果は、49、000人中アルコール反応があったのは449人で、0.9%が飲酒運転をしていた事が判明した。これに対し、スイスとリヒテンシュタインでは、アルコール・テストを受けたドライバー2352人中58人、2.5%から反応が出て、他の欧州諸国の3倍も多かった。

飲酒運転取り締まりキャンペーンは、交通事故防止運動の一環として欧州交通警察ネットワーク(Tispol)により実施された。欧州では、毎年平均45、000人が交通事故で死亡、160万人が負傷している。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?