Navigation

ダイス外相、ホルヌッセン大会で国連加盟キャンペーン

スイスの閣僚は、あらゆる機会を捉えて国民に国連加盟を呼び掛ける運動を展開しているが、ジョセフ=ダイス外相は20日、独語圏スイスの伝統スポーツ、ホルヌッセン大会で国連加盟の意義を説明、加盟を呼び掛けた。

このコンテンツは 2000/08/21 10:35

スイスの閣僚は、あらゆる機会を捉えて国民に国連加盟を呼び掛ける運動を展開しているが、ジョセフ=ダイス外相は20日、独語圏スイスの伝統スポーツ、ホルヌッセン大会で国連加盟の意義を説明、加盟を呼び掛けた。

ホルヌッセンは、農民の野球または農民のテニスと呼ばれる、野球とゴルフを混ぜたようなスポーツだ。南ドイツおよび独語圏スイス(特にエメンタールでさかん)で行われる。2チームに別れ、攻撃チームのバッターが鞭のようにしなる長いゴルフのクラブのようなバットでボールを打つ。守備側はフィールドに並び、パドルのような物を持って立っていて、このパドルを投げ上げボールを止める。ボールを止めたら守備の得点、止められなかったらバッターの得点となる。飛距離によって得点が違う。打者2人で攻撃と守備を交代する。各打者は4回打てる。3年に1回、連邦大会が開催される。

20日フラウエンフェルトで開催されたホルヌッセン大会で、ダイス外相は政治とこの伝統スポーツを対比させ、スイスが国連に加盟していない事は、スイスがホルヌッセンの国際組織に正式加盟していないため、世界大会に出場できないのと同じようなものだと訴えた。

そして、スイスのような優秀なプレイヤーが、正式加盟していないばかりにオブザーバーとして傍観していなければならないのは、遺憾であると主張。国連加盟はスイスの中立政策を侵害するものではないと再度強調して、国連加盟承認を呼び掛けた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。