Navigation

Skiplink navigation

中央スイスのティトリス山頂にガラスのタワー建設

中央スイスを代表する人気観光地ティトリス。1日に最大2千人の訪問者が訪れる Source: Herzog & De Meuron

中央スイスにある人気観光地、ティトリス(標高3028メートル)を更に魅力的にする計画が発表された。技術的設備用に建てられた現存のタワーに鋼とガラスのタワーが増築される。プロジェクトの予算は1億スイスフラン(約113億円)。

このコンテンツは 2018/11/08 11:51
swissinfo.ch with SDA-ATS; ug

 ロープウェイ頂上駅には、新しい屋上テラスに加え、観光客が直接氷河にアクセスできるエスカレーターも予定されていると運営サイドが明らかにした。

スイスの著名な建築会社ヘルツォーグ&ド・ムーロンのピエール・ド・ムーロン氏は、「ティトリスに実用性と芸術性を組み合わせるのが我々の夢だ」と5日のプレゼンテーションで語った。

 この建設プロジェクトは完成までに最長6年かかる見込み。

 現在、ティトリスには毎年約100万人の観光客が訪れる。

 現在クライン・ティトリスにある設備は1967年に開設された。山頂からはクライン・ティトリス駅とルツェルンの約35キロメートル南方にあるリゾート地、エンゲルベルク駅を結ぶロープウェイが出ている。

 6年前には欧州で最高地点の吊り橋がオープンし、アルプスの絶景を見渡すことができるようになった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する