Navigation

トンネル火災犠牲者追悼式

トンネル火災犠牲者の追悼式、28日アイローロで。 Keystone

ゴットハート・トンネル南側入口付近の村アイローロで28日朝、24日に発生したトンネル火災犠牲者の追悼式が行われ、400人が出席した。

このコンテンツは 2001/10/29 08:04

アイローロでは28日、ルガノのギュセッペ・トルティ司教によってトンネル火災犠牲者のための追悼式がおこなわれ、アイローロの人口の約4分の1にあたる400人が出席した。警察によると、トンネル内の消火活動は27日夜までに完了した。これまでに11人の遺体が発見され10人の身元が確認されたが、最終的な犠牲者の人数は、29日から開始される瓦礫の下の捜索の結果を待たなければならない。警察では、トンネル修復工事が始まる予定の11月19日までに捜索を終らせたいとしている。

欧州を南北に結ぶゴットハート・トンネルの封鎖により、ティチーノ州では経済や観光への影響に対する不安が高まっている。ティチーノ州経済部のマリナ・マソニ部長は、連邦政府への援助要請を検討中だという。swissinfoの取材に対しマソニ部長は、現在のところ食糧供給不足などの影響は出ていないが、部品や原料が届かない企業が出てきていると語った。また、トンネル封鎖が長期になれば、毎年10万人のスキー客が訪れる30kmのスキースロープを持つアイローロは、冬のスキーシーズンが到来しても客がアクセスできないため、大幅な観光収入源に見舞われることになる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。