ネスレ、雪印と業務提携拡大へ

食品世界最大手のネスレ(本社ヴェヴェー)は、26日雪印乳業との業務提携拡大に向けての交渉開始に合意、覚書に署名したと発表した。

このコンテンツは 2000/09/26 16:10

食品世界最大手のネスレ(本社ヴェヴェー)は、26日雪印乳業との業務提携拡大に向けての交渉開始に合意、覚書に署名したと発表した。

ネスレと雪印は、アイスクリーム、パスタの分野で以前から提携関係にあった。26日ネスレが発表した声明によると、雪印の日本市場における強さと、ネスレの技術・マーケティングをどのように結合させていくかが、今後の検討の中心課題だ。

アナリストらは、2社の業務提携はスイスのネスレにとって日本におけるプレゼンス拡大に絶好の機会だと見ている。ネスレ日本の昨年の総売上高は、34億スイスフランに到達した。

雪印乳業は、今夏の食中毒スキャンダルから、過去50年間で最悪の経営状態となっており、2000/2001年の最終損益は475億円の赤字になる見通しだという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する