Navigation

ノバルティス、オバルティン英国工場をスイスに移転

オバルティン Keystone Archive

ノバルティスは麦芽飲料オバルティン(Ovaltine)を約1世紀にわたって英国ハートフォード州で製造してきたが、このほど英国工場を2002年5月までに本国スイスのノイエンエッグに移転することを決定した。移転の理由は、製品の多様化にノイエンエッグ工場の近代設備が必要だとしているが、英国工場の約240人は失業する。

このコンテンツは 2001/04/05 11:54

昨年英国でのオバルティンの売上げは約1、000万本。英国人はオバルティンを英国の偉大な発明品だと思っているが、実はビタミン飲料として1904年スイスで発明された。欧州大陸ではオヴォマルティン(Ovomaltine)の名称で、「オヴォ」と呼ばれている。ハートフォード州キングス ラングレーの英国工場は、ラジオ・ルクセンブルグの番組「オバルティン・クラブ」開始とともに売上げが急増した英国市場に対応するため1913年に設立された。「オバルティン・クラブ」は英国では世代を超えた人気番組となり、クラブ・ソングの「We are Ovaltineys」はベストヒットCMソングの1つ。数百万人いる会員には、カード、バッジ、暗号などを発行している。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?