Navigation

バーゼルの人形博物館、タイタニック号追悼ベアを落札

バーゼルの人形博物館は7日、ロンドンのクリスティーズオークションで1912年タイタニック号沈没を追悼して600個のみ限定製造された「嘆きのテディベア」(写真)を131、937ドルで落札、テディベアとしては史上2番目の高値を付けた。

このコンテンツは 2000/12/11 10:38

バーゼルの人形博物館は7日、ロンドンのクリスティーズオークションで1912年タイタニック号沈没を追悼して600個のみ限定製造された「嘆きのテディベア」を131、937ドルで落札、テディベアとしては史上2番目の高値を付けた。

体が黒のモヘアで足がクリーム色の「嘆きのテディベア」の競売は、最低価格22、000ドルから始まり、バーゼルの人形博物館が131、937ドル(223、000スイスフラン)で落とした。このタイタニック・ベアは、1912年4月14日のタイタニック号沈没の追悼記念として同年ドイツのSteiff社が製造、英国で販売したが、あまり売れなかった。黒にしたのが英国の子供達に受けなかったようだ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。