ヒンギス左足首手術成功

スイスが誇るテニスのスーパースター、マルチナ・ヒンギス(21)がチューリッヒの病院で左足首の手術を受けた。ヒンギスの主治医で執刀したハインツ・ベールマン医師によると、左足首の靱帯剥離を固定する90分の手術は成功した。

このコンテンツは 2002/05/21 08:21

ベールマン医師は「治癒には6週間から8週間かかる。もし炎症がひかなければ経過は好ましくないと言わざるを得ない」と、先に報道されたヒンギスのテニス生命の終りを裏付けるものとされる発言をした。

ヒンギスのマネージャー、マリオ・ウィドマーは、現時点ではヒンギス引退説は、言及するのに時期尚早であるばかりでなく完全に誇張された話だと述べた。ヒンギスは、左足首の損傷はSergio Tacchini社製造の靴が原因だと訴え、同社を訴訟中だ。

1994年のプロデビュー以来、ヒンギスは主要選手権に全て出場してきたが、全仏オープン欠場で世界4大テニストーナメント29回連続出場の記録はストップする。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する