ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

フリブール州政府、グリュイエールで脳膜炎無料予防接種を手配

フリブール州グリュイエール地方で、過去3ヵ月間で7件の脳膜炎発病が認められ、フリブール州政府は、グリュイエール地方に住む19才以下の10、000人にC型脳膜炎の予防接種を受けるよう手配した。

グリュイエール・チーズで有名なこの地方では、なぜか脳膜炎が多い。州医療職員のジョージス・デミエールさんは「脳膜炎はまだ大流行と認定するほどではないが、放っておけば全国規模に広がる恐れもあり、そうすればさらにコントロールが困難になる。そのためにも、ローカル・レベルに抑えておきたい。」と言う。デミエールさんによると、住民10万人中10人以上の発病が見られた場合、集団予防接種が必要とされる脳膜炎の「大流行」と見なす。

スイスでは、グラウビュンデン州アルブラとヴァリス州ロイカーバード地方と並び、グリュイエールに脳膜炎発病が多い。昨年登録された細菌感染190件のうち25件はグリュイエール地方で発吹Aうち子供1人は死亡した。今年に入ってから、グリュイエールの総人口37、000人のうち児唐V人の脳膜炎を確認したため、連邦厚遂ヌと州政府は2ヵ月から19才の住民を対象とするC型脳膜炎の集団予防接種に踏み切った。ワクチンは10、000人分必要なため、連邦厚遂ヌはフリブール州に18ヵ月以下の乳幼児用ワクチン800人分を英国から輸入する許可を与えた。

「無料予防接種は義務ではないが、我々としては是非受けてもらいたい。なぜグリュイエールで脳膜炎の発病が多いのかは、わからない。隣接する地域では、ほとんど発病がないのだが。」とデミエールさん。無料予防接種が受けられるのは2月23日まで。州政府は24万スイスフランを拠出した。

今回のC型脳膜炎にはワクチンがあるのが幸いした。数年前までスイスで発病が見られたB型には有効なワクチンがなく、事態は深刻化した。現在のところ、連邦厚遂ヌは、グリュイエール以外には予防接種を奨励していない。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×