ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

プレスソリューション スイス生まれの「熱帯」木材が森林破壊を救う

国産のスイス木材をプレスして、絶滅危惧種の材質に似せる技術が編み出された。

黒壇(エボニー)の堅くて音の伝導に優れた材質は、良質なバイオリンの指板を作る時にとても重宝する。だが楽器製作者は絶滅危惧種に指定されているエボニーをなかなか手に入れることができない。取引が規制されているため、輸入時には申告が必要だ。

これを背景に、スタートアップ企業「Swiss Wood Solutions他のサイトへ」は、国産のカエデとトウヒ材を圧縮し、エボニーに似た材質を作る方法を開発した。スイス連邦材料試験研究所(EMPA)に設置された巨大なプレス機で、特定の楽器作りに最適になるよう、木材の密度と音の伝わり方を微調整するという。

この木材を使って作られた楽器をプロの音楽家が使ったところ、本物を使ったものと同じくらい良いと高い評価を得た。この方法は、アクセサリーや時計産業でも利用されている。

1立方メートル当たりの生産コストは20万フラン(約2200万円)と、輸入木材の10倍。それでもこのプレス機の人気は高く、2年先まで予約はいっぱいだという。


(英語からの翻訳・大野瑠衣子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。