ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ペルーのスイス大使、モンテシノス氏のスイス口座凍結に米国関与を否定

エリック・マルティン駐ペルー・スイス大使は、スイスがペルーの前国家情報局顧問、ブラディミロ・モンテシノス氏のスイス国内の資産約9、000万スイスフランを凍結したのは米政府の圧力によるものだとするペルーの報道を否定した。(写真:米関与説を報道するペルーの新�

エリック・マルティン駐ペルー・スイス大使は、スイスがペルーの前国家情報局顧問、ブラディミロ・モンテシノス氏のスイス国内の資産約9、000万スイスフランを凍結したのは米政府の圧力によるものだとするペルーの報道を否定した。(写真:米関与説を報道するペルーの新聞)

ペルーのメディアは、スイス司法当局がCIAと米麻薬強制捜査局(DEA)から圧力を受け、モンテシノス前国家情報局顧問のスイス国内の資産を凍結したと報道した。これに対し、マルティン大使はペルーラジオRPPで、「資産凍結はスイス当局の決断によるもので、いかなる外圧も干渉もない。」と米国の関与を否定した。そして、スイス当局は銀行からマネー・ロンダリング疑惑の報告を受け、モンテシノス氏関連の口座を調査した結果、資産凍結を決定したと述べた。

10月5日スイス司法当局は、ロイミ・レ=イスラエル、クレディ・アグリコール・インドスエズ、フィビ銀行の3行の総額9、000万スイスフランのモンテシノス氏関連の資産を凍結した。スイス司法・警察相のパスカル・ゴシン報道官は、口座のいくつかはモンテシノス氏名義で、他は関連口座である旨を発表した。スイス法により、不振な送金があった場合、銀行は5日以内に当局への報告が義務付けられている。ゴシン報道官は、リマのマルティン大使は、ペルー政府にモンテシノス氏の口座がスイスに存在することを通知し、アルベルト・ブスタマンテ司法相に対し調査を依頼したことを公式に発表した。

ブスタマンテ司法相は、フジモリ大統領も司法相も、スイスから通知されるまではモンテシノス氏のスイスの口座の存在には全く気付かなかったと発言している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×