Navigation

ペルー当局、前首相を公金横領で調査

ホイウェイ前首相・蔵相 Keystone Archive

ペルー当局は、スイスの銀行口座に預金していると思われるフジモリ政権の閣僚らの調査に着手した。ヴィクトル・ホイウェイ前首相、ニコラス・デ バリ=ヘルモザ将軍の二人は、公金総額4、000万スイスフラン(2、300万ドル)をスイスの銀行口座に送金した疑い。ペルー当局は昨年からブラディミロ・モンテシノス前ペルー情報局顧問を1億2、000万ドルを違法に国外に持ち出したと告発しているが、前首相らとモンテシノス前顧問の件は関連があると確信している。

このコンテンツは 2001/04/20 11:11

ペルー当局は19日、ホイウェイ前首相をモンテシノス前顧問事件調査委員会の事情聴取に召喚した。ホイウェイ前首相はフジモリ政権下で蔵相もつとめていた。スイスはペルー当局の司法協力要請を受け、昨年10月モンテシノス前顧問に関連する7、000万ドルのスイス銀行口座の預金を凍結した。フジモリ政権崩壊後、モンテシノス前顧問は失踪したままだ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。