Navigation

ボロディン露高官、2回目も黙秘

クレムリン改築工事請け負いの見返りにスイスの建設会社からキックバックを受け2、500万ドルをスイスで資金洗浄したとして起訴されたパヴェル・ボロディン前露大統領府総務局長(現ロシア=ベラルーシ連邦事務局長)は11日、2度めの審問のためジュネーブ地裁に出廷したが、ダニエル・デヴォー判事の質問に黙秘を通した。

このコンテンツは 2001/06/12 10:23

エリツィン政権下で露大統領府総務局長つとめたボロディン局長は、莫大な収益が補償されるクレムリン改築工事請け負いの見返りにスイス・ティチーノ州の建設会社マベテックスとメルカタの2社からキックバック2、500万ドルをを受け取り、スイスの銀行口座を通してマネーロンダリングをしたとされる。ボロディン局長は、スイスの国際手配により今年1月ブッシュ米大統領の就任式に出席するため訪米した際ニューヨークの空港で身柄を拘束され、4月にスイスへ送還され資金洗浄と犯罪組織への加担でジュネーブ州裁判所に起訴されたたが、ロシア当局が保釈金500万スイスフランを支払いロシアに帰国した。その後5月16日、ジュネーブ州裁判所の召喚に応じスイスにもどり、17日出廷した際も黙秘を通した。

ボロディン局長のスイス人弁護団のロベルト・アサール弁護士は、「ボロディン局長は、とても簡潔に『答えません』と答えただけだ。彼は、ロシア検察当局が起訴に足る証拠がないとしたのに、なぜスイスの裁判所で質問に答えなければならないのか理解できないのだ。」と記者団に語った。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。