ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

世界5大陸から魚や爬虫類が集結 ヨーロッパ最大級の淡水魚水族館「アクアティス」、スイスにオープン

アマゾンに生息する珍しい淡水魚も鑑賞できる、ヨーロッパ最大級の淡水魚水族館「アクアティス(Aquatis)他のサイトへ」が先月21日、ローザンヌにオープンした。水族館側がこの事業を科学的で持続可能なプロジェクトだと捉える一方、動物保護団体は批判の声を上げている。(RTS/swissinfo.ch)

ヘラチョウザメからピラニアまで―。ヨーロッパで最大規模の淡水魚水族館「アクアティス」には世界中から1万種以上の淡水魚や爬虫類が集まっている。総面積は3500平方メートル。水族館にはホテルも併設されており、1200台収容できる駐車場がある。年間40万人の来館者を見込んでいるという。

一方で、水族館のオープンは動物保護団体などの批判を招いた。大人29フラン(約3300円)、子供19フランという入場料の高さに対する不満の声も上がっている。これに対して水族館側は、専門性の高い設備が必要なためにこのような料金設定になったと説明している。

(英語からの翻訳・由比かおり)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。