ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

交通事故 スイス国内の交通事故の死者数、過去80年で最低

スイス国内で発生した交通事故

(Police Canton Valais/Keystone)

スイス国内の道路や鉄道、空の旅で起こる交通事故で死亡した人数が、過去80年で最低だったことが連邦統計局の調査で分かった。

 同局によると、2016年の交通事故の死者は256人だった。車など道路上の事故で死亡したのは216人で、1970年の1750人に比べて大幅に減少。一方、道路の事故で重傷を負った人は3785人に上る。

 同局はこの傾向について理由を明らかにしなかったが、専門家は車やインフラの安全基準の改善、また規制の強化が背景にあるとみる。

 この統計から、スイスの交通事情は欧州で最も安全といえそうだ。事故原因で最も多いのがスピードの出しすぎで、飲酒運転を上回った。市街地の道路での事故が目立つ。

 鉄道が絡む事故の死者は16年で22人に上ったが、移動距離で見ると最も安全な交通手段だ。最も危険なのはバイクだった。

 登山列車、国内の湖や川を走る船の死亡事故はなかった。

(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×