Navigation

仏航空管制スト、スイスにも深刻な影響

フランスの航空管制官のストで、スイスの発着便にも深刻な影響が出ている。スイス航空のフランス行きまたは、フランスからの帰国便のほとんどは欠航となった。

このコンテンツは 2000/06/27 16:04

フランスの航空管制官のストで、スイスの発着便にも深刻な影響が出ている。スイス航空のフランス行きまたは、フランスからの帰国便のほとんどは欠航となった。

また、フランス上空を通過するルートのチューリッヒ、バーゼル、ジュネーブ発の多くの他の欧州便もストの影響を受けている。ストは、27日火曜日の午前8時までの予定だ。

26日は、スイス航空のスイスーフランス(パリ、リヨン、ニース)を結ぶ40便が欠航となった。スイス航空は、問題のフライトに予約していた旅客には、個別に欠航の連絡をしたと発表した。

仏当局の発表によると、管制官の1日ストで仏国内の全空港が影響を受け、フライトの85%が欠航、世界の主要な首都へのフライトだけが辛うじて運航されている。

仏管制官の労働組合は、EUによる管制の民営化に反対し、ストを決行した。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?