Navigation

全州議会、国際刑事裁判所への加盟も承認

全州議会(上院)は、国連で設立が計画されている集団殺害、戦争犯罪、人道に対する犯罪、侵略を追訴する国際刑事裁判所(ハーグ)への加盟を承認した。

このコンテンツは 2001/06/22 11:07

批准に先立って、スイス国民が国際刑事裁判所の職員として虐殺、アパルトヘイト、奴隷、拷問など人道に対する犯罪を調停するためには、連邦法を改正しなければならない。その第1歩として昨年12月、集団殺害が刑法に加えられた。

正式名称「国際刑事裁判所ローマ規程」の発効には最低でも60ヶ国の批准が必要だが現在までに批准したのは34ヶ国だ。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。