再処理済み使用済み核燃料棒、スイスに到着

ヴュレンリンゲン付近の集まったグリーンピースのメンバーら Keystone

フランス・ラハーグの核廃棄物再処理施設で再処理された使用済み燃料棒11トンが12日、アールガウ州ヴュレンリンゲンに到着した。燃料棒はガラス製の容器に封印されており、約40年間ヴュリンゲンに保管し放射線レベルが減少してから アルプス山中の地下核廃棄物処理所に運ばれる。

このコンテンツは 2001/12/13 05:45

仏ラハーグの再処理施設は、スイス、ドイツ、オランダ、ベルギーの使用済み燃料棒の処理を請け負っており、スイスは3番目の大手顧客だという。ヴュレンリンゲンの原発周辺では、約40人のグリンピースのメンバーらが、再処理された燃料棒を積んだ列車の到着を待ち構えていたが騒動はおこらず、グリンピースはデモンストレーションの目的を次のように発表した。「我々は核廃棄物がスイスに返って来たことに対して抗議しない。実は逆だ。スイスは自国の核廃棄物に対して責任を取るべき時が来た。我々の行動は、スイスは核廃棄物の問題を抱えていないという幻想の終焉に対するものだ。」。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する