Navigation

妻ミルカの支えあってこそ ロジャー・フェデラー、これまでのテニス人生と私生活を語る

※ スマートフォンで映像の字幕が表示されない場合は、横画面でご覧ください。

テニス界の伝説ロジャー・フェデラーは、テニスコートの上でも私生活でも常に冷静沈着で品行方正だ。スイス公共放送の単独インタビューで、世界的トッププレーヤーとして活躍してきたこれまでのテニス人生と心の支えとなった妻の存在について語った。(RTS, swissinfo.ch)

このコンテンツは 2017/05/12 11:11
swissinfo.ch and agencies/ts

プロのテニス選手は遠征が多く、世界中のホテルやテニスコートを一年中渡り歩いている。時差ぼけも伴う遠征は一人でも十分大変だが、フェデラー選手はこれを妻と4人の小さな子どもたちと一緒にこなしている。幸運なことに、フェデラー選手が呼ぶところの小さな「サーカス団」による遠征は、妻ミルカさんのお陰もあり上手く機能しているという。

もちろん、家族総出での遠征にはたくさんの費用がかかる。フェデラー選手がプライベート・ジェットを利用し、24時間子どもの世話をしてくれるナニーを雇えるのは、1億ドル(約112億円)を超える賞金他のサイトへと年間約7千万ドルのスポンサー契約金他のサイトへがあるからだ。

フェデラー選手は35歳の今も現役でプレーし、不可能だと見られていた怪我による長期休養からの完全復活も果たした。スイス公共放送が行った単独インタビューで彼は、妻ミルカさんの支えがなければ、これまでの活躍はなかったと告白した。

(英語からの翻訳・大野瑠衣子)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。