ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

動物性飼料全面禁止、1月から実施

連邦政府は20日、狂牛病予防対策のための動物性飼料の全面禁止を予定より3ヵ月早め来年1月1日から実施する方針を発表した。

連邦政府は20日、狂牛病予防対策のための動物性飼料の全面禁止を予定より3ヵ月早め来年1月1日から実施する方針を発表した。

動物性飼料の全面禁止は、国内での製造・使用、輸出入の禁止を意味し、魚肉性のヤギ、ヒツジ用の飼料も含まれる。が、液状のブタの飼料は唯一の例外とされる。

連邦獣医畜産局のハンス・ウィス報道官は、動物性飼料の焼却処分にかかる正確な費用はまだ不明だが4分の3は政府が拠出し、各州の処理状況を連邦獣医畜産局が監察すると述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×