Navigation

動物性飼料全面禁止、1月から実施

連邦政府は20日、狂牛病予防対策のための動物性飼料の全面禁止を予定より3ヵ月早め来年1月1日から実施する方針を発表した。

このコンテンツは 2000/12/21 10:35

連邦政府は20日、狂牛病予防対策のための動物性飼料の全面禁止を予定より3ヵ月早め来年1月1日から実施する方針を発表した。

動物性飼料の全面禁止は、国内での製造・使用、輸出入の禁止を意味し、魚肉性のヤギ、ヒツジ用の飼料も含まれる。が、液状のブタの飼料は唯一の例外とされる。

連邦獣医畜産局のハンス・ウィス報道官は、動物性飼料の焼却処分にかかる正確な費用はまだ不明だが4分の3は政府が拠出し、各州の処理状況を連邦獣医畜産局が監察すると述べた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?