Navigation

Skiplink navigation

スイス政府、医薬品価格の引き下げを決定

医薬品が少し安価で買えそうだ © KEYSTONE / GAETAN BALLY

スイス連邦内務省保健局は2日、12月1日から医薬品288品目で価格が平均で18.8%値下がりすると発表した。家計に1億フラン(約113億円)の貯蓄効果をもたらすと見込まれる。

このコンテンツは 2018/11/08 10:52
Keystone-SDA/FOPH/RTS/swissinfo.ch/ilj

スイスでは高価格の医薬品が問題になっている。

例えば鎮痛剤のダファルガン(パラセタモール)やASSカルディオ(アスピリン)や小児用解熱剤ベセタモールなどの価格が下がる。一部は3割値下がりし、高血圧の治療に使われる利尿薬アルドラクトンは半額になる。

保健局によると、外国の類似薬や他の医薬品に比べ「経済的に持続可能」な価格の医薬品255品の値段は変わらない。

また、後発医薬品(ジェネリック)や複数の企業が並行販売する「コ・マーケティング医薬品」、バイオ後続品(原製品とほぼ同じ後発薬)を調査したところ、237品のうち134品で価格引下げ余地があると判明した。

医薬品価格の引き下げは昨年末に続き2回目。昨年の値下げによる節約効果は350品超で総額2億2500万フランにのぼり、当初見積もった1億9千万フランを上回った。

医薬品の値下げを求める声

スイスでは、医薬品価格について大きな議論が起きている。政府は9月、スイスの医療費の増加を食い止める政策の一つとして、ジェネリック医薬品の価格を上限にする案を発表した。

医療保険の統括団体サンテスイスが今春発表した調査は、スイスではジェネリック医薬品の生産に他の欧州諸国の2倍の費用がかかると明らかにした。特許を取得した薬は他国より9%高い。

価格調査官や消費者団体、医療保険団体などは、何年も前から医薬品価格の引き下げを求めている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する