国連加盟はスイスの中立を侵さない

ジョセフ・ダイス外相は、スイスは今、国連加盟を真剣に考える時期にあるとし、国連加盟はスイスの中立性を侵すことにはならず、むしろ完璧にするものだと、外交政策研究会で語った。

このコンテンツは 2000/06/10 15:28

ジョセフ・ダイス外相は、スイスは今、国連加盟を真剣に考える時期にあるとし、国連加盟はスイスの中立性を侵すことにはならず、むしろ完璧にするものだと、外交政策研究会で語った。

ダイス外相は、国連加盟はスイスの主権を侵すものではなく、また独立性を脅かすものでもない。スイスが国連非加盟の理由としてきたものは、正当性を失った。スイスの国連加盟への機は熟していると述べた。

スイスは長年、国連に人材および経済的な援助をしてきた。毎年スイスは、協力関係にある国連特別機関に、4億から5億スイスフラン寄付している。したがって「国連に正式に加盟しても、年間5、000万から6、000万スイスフランが追加されるだけで、国民に大きな経済的負担をかけるものではない。」という点もダイス外相は強調した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する