Navigation

FIFA会長選、 インファンティーノ氏が当選 !

ジャンニ・インファンティーノ氏は、ヴァレー州出身のスイス人。サッカー界の政治力学に精通している Keystone

26日に行われた国際サッカー連盟(FIFA)の会長選で、欧州連盟(UEFA)のジャンニ・インファンティーノ事務局長(45)が会長に選ばれた。

このコンテンツは 2016/02/26 21:40
swissinfo.ch

当選直後の挨拶でインファンティーノ氏は、「今こそ、サッカーに立ち返るときだ。FIFAは、悲しく、つらい危機のときを過ごした。しかし、これは終わった。今は前を向かなければならない。改革が必要だ。透明性と高い組織力が必要だ。そして同時に、世界中の人々がサッカーを『尊重』することが重要になる。この尊重は、仕事と献身的な態度から生まれる。それは結局、素晴らしいスポーツ、サッカーのためなのだ」と述べた。そして、「今は感動で胸がいっぱいだ。これ以上は続けられない」と結び、拍手に包まれた。

会長選は、1回目の投票を開始する直前にトーキョー・セクワレイ氏(南アフリカ)が候補から降りたため、4人の候補者の争いとなった。だが結局2回目の投票で、初めから有力候補と見なされていたインファンティーノ氏が115票を得て、88票を獲得した、もう一人の有力候補者のサルマン・ビン・イブラヒム・アル・カリファ氏(バーレーンのシャイフ)を大きく引き離した。

インファンティーノ氏は、イタリア国籍も持つスイス人で、ゼップ・ブラッター前会長と同じスイス・ヴァレー州出身だ。しかし、FIFAの会長を17年も務めながら汚職事件で辞任したブラッター氏と比較されると、「私はブラッター氏ではない」と語り、クリーンさをアピールしてきた。

インファンティーノ氏は、UEFAに15年(うち7年が事務局長職)在籍し、サッカー界の政治力学に精通しているとの評判が高い。また今回、UEFAの指名推薦を受け、資格停止処分を受けたプラティニ氏(フランス)の代理を務めてきた。

当選後には、「彼は五つの言葉を操る。サッカー界の人間でもあり、どうすればサッカー界を統制できるかを知っている。それが、他の候補者との大きな違いだった」(カナダ・サッカー連盟会長)や「彼なら、専門性と経験を生かし、重いが情熱を注ぐことのできる、FIFAの会長という任務を完璧に遂行してくれるだろう」(スイス・ヴァレー州上院議員)といった賛辞の言葉も多く寄せられた。

だが会長選前に、「インファンティーノ氏も他の候補者と同様、不正に揺れたサッカー界の人間だ」と冷ややかに見る批評家がいたことも確かではある。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する