Navigation

外交官、パレスチナ問題のコーディネーターに就任

パレスチナ人による独立宣言に先立って、スイス政府はニコラス・ラング外交官をパレスチナ当局と政治問題について調整するコーディネーターに任命した。

このコンテンツは 2000/04/12 15:27

パレスチナ人による独立宣言に先立って、スイス政府はニコラス・ラング外交官をパレスチナ当局と政治問題について調整するコーディネーターに任命した。

パレスチナ当局とのスイス統合事務局の局長代理に任命されたラング氏は、政治問題を主に扱う事になるが、事務局の公式な基本事業は開発援助プロジェクトだ。

ラング局長代理は今回の任命について、パレスチナが独立宣言をした場合スイスのパレスチナにおける政治的プレゼンスを確立するために役立つと語り、スイスの「パレスチナ独立国家」への関心の高さを見せた。

パレスチナとイスラエルは、パレスチナ最終地位交渉合意の期限を9月に設定している。が、双方とも歩み寄る気配はなく、期限までの合意はむずかしいと見られている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。