Navigation

失業率上昇の兆しか

高成長を誇って来たスイス経済が減速傾向を強め、過去数週間は各企業の大規模人員削減計画が相次いで発表された。7月の失業率は1.7%、完全失業者数は60、166人で、統計上は史上最低水準を保っているが、政治家、エコノミストらは、今後の動向を注意深く見守る必要があるとしている。

このコンテンツは 2001/08/09 11:20

7月はABB(スイス・スウェーデン)が12、000人の従業員削減を発表し、シリコングラフィックス(米)はヌーシャテル支社の閉鎖に伴う300人の失職を発表するなど、企業のリストラ計画発表が相次いだ。連邦統計局によると、7月の有効求人数も1、500減少し12、064件となった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。