(Keystone)

スイスの国土は比較的狭いが、地形が複雑なため天候は多様。同じ日でも場所によって天気が大きく異なることが多い。

 スイスの気温は、高度とアルプスの北側か南側かに大きく左右される。スイス南部は主に地中海の影響を受け、北部よりもずっと温暖な冬が特徴だ。

 フェーン現象で南から吹き下ろす風は温かく乾燥していて、素早く雪を溶かす。この風が吹くと頭痛を訴える人もいる。このような気象現象は特に秋から春にかけて発生する。冬に北東からの「ビーズ(仏語)」および「ビーゼ(独語)」と呼ばれる冷たい風が吹くと、空は青く晴れ、風は非常に激しくなり、厳しい寒さとなる。

 国立スイス気象台MeteoSwiss(独・仏・伊・英語)他のサイトへでは、スイスの気候の概要と、気象災害や降雨量、気温、風、雲量を示す地図を提供している。 

降雪情報と水温

 スイス全国の雪の状況については、snow.search.ch(独・仏・伊・英語) 他のサイトへまたは Switzerland Tourism(日本語) 他のサイトへを参照。これらのサイトでは河川や湖、プールの水温(日本語)他のサイトへも調べることができる。 

 大雪の際には、雪崩警報が出される。

 2014年に政府が立ち上げたサイト(独・仏・伊・英・ロマンシュ語)他のサイトへでは、スイスのさまざまな自然災害の脅威レベルを、使いやすいインタラクティブマップで見ることができる。4か国語で閲覧可能。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting