Navigation

消費者価格は上昇、インフレは安定

2月の消費者価格は上昇したが、インフレーション率は安定を保った。連邦統計局の発表では、消費者物価指数は0.4%、106.1ポイント上昇したが、インフレーション率は1.6%と変化しなかった。

このコンテンツは 2000/03/01 14:37

2月の消費者価格は上昇したが、インフレーション率は安定を保った。連邦統計局の発表では、消費者物価指数は0.4%、106.1ポイント上昇したが、インフレーション率は1.6%と変化しなかった。

最も価格が上昇したのは、食品、飲料、たばこで、約1%の上昇。統計局は、生鮮野菜、果物類の価格の季節的な上昇によるものと見ている。家賃、燃料費も上昇した。一方、衣類の価格は安定、交通、コミュニケーションは、下がった。統計局はまた、輸入品価格の上昇は国産品価格の上昇より大きいという結果を出した。

さらに、連邦統計局は、昨年1年間で、スイスの失業者数は増加したと発表した。1999年末の失業者数は380万人で、1998年末より1.5%増加した。が、就業者数は、昨年最終4半期に、ホテル、外食産業、工業部門を中心に急上昇した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。