Navigation

燃料費値上げでインフレ率上昇

連邦統計局が発表した9月の消費者物価は2.3%上昇し、1993年12月以来最高の上昇率となった。

このコンテンツは 2000/10/05 11:12

連邦統計局が発表した9月の消費者物価は2.3%上昇し、1993年12月以来最高の上昇率となった。

8月のインフレ率は1.3%上昇だったが、9月は石油および燃料費の急騰を受け、2.3%の上昇となった。逆に石油と燃料の価格を除けば、9月のインフレ率はわずか0.3%増だ。

カントレード・プライベートバンクのエコノミスト、マルクス・アレンスパー氏は「9月の物価上昇は、エネルギー価格の急騰による。ガソリンと暖房用灯油は、消費者物価指数(CPI)バスケットの5.5%に相当する。8月の価格水準から、灯油価格は2倍に上がり、ガソリン価格の高騰もすさまじい。」とswissinfoに語った。

が、スイス国立銀行は金融政策を変更する必要はないとしている。国立銀行報道官は、CPI計算の新統計法では、毎月の変動が大きめに表されるため、国立銀行は動向に潜在するものに注目しているとし「我々の金融政策は、月例インフレ指数に基づいていない。金融政策を変更する理由はない。」と述べた。国立銀行は、2001年のインフレ率は2.1%に上昇すると予測している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。