Navigation

スイス、異例の暖かさ

大雪と暖冬がアルプス地方で発生した雪崩の一因と指摘されている Keystone / Anthony Anex

スイス気象台(メテオ・スイス)他のサイトへによると、スイスは今季、観測史上で2番目に暖かい冬となった。国内の平均気温は1981~2010年と比べ1度上昇、アルプス南部ではさらに異例の暖かさを観測した。

このコンテンツは 2019/03/04 12:44
swissinfo.ch/mga

スイス南部イタリア語圏のティチーノ州にあるロカルノ・モンティ駅では、例年より1.9度、同州ルガーノでは1.6度高い気温をそれぞれ観測。1864年以降で、2007年に次いで2番目に暖かい冬となった。

スイス気象台他のサイトへによると、海抜1千メートル以上のアルプス地帯の気温は例年通りだった。アルプス北部の低地は、通常より1.3度高かったという。

昨年はスイス国内の多くの地域で平均気温が過去最高を記録した。

ジュネーブとバーゼルは2月の晴天日が過去最多を記録。チューリヒとベルンも、晴れの多い異例の2月となりそうだ。

この暖冬と大雪がスキー場を襲った雪崩の一因とも指摘される。スイスでは今年2月初め、山岳リゾート地クラン・モンタナのスキー場でスキー客が雪崩に巻き込まれ死亡する事故があった。

>>クラン・モンタナでスキー客が雪崩に巻き込まれ死亡

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。