ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

直接民主制の歩み 投票キャンペーン ベルンで金貨の雨が降る

国民投票の前には、他の国と同様にスイスでも投票キャンペーンが行われる。優れたキャンペーンが良い投票結果を保証するわけではないが、過去にはベーシック・インカム導入賛成派が新品の5ラッペン硬貨を連邦議事堂前に山積みにして賛成をアピールするなど、人々の記憶に強く残るキャンペーンもあった。

 スイス通貨の最小単位である5ラッペン。この金色に光る5ラッペン硬貨をスイスの人口と同じ800万個用意し、ベルンの連邦議事堂前に山積みにしたキャンペーンは、ベーシック・インカム(最低生活保障、最低所得保障)導入賛成派によるもので、ここ数年で最も反響が大きかった。

 同キャンペーンではその場にいた誰もが、総額およそ4400万円に相当する5ラッペンの山に飛び込み、好きなだけ洋服のポケットに硬貨を詰めて帰ってよいとされた。まさにそこに、働いているかいないかにかかわらず、スイスに住む全ての人に必要最低限のお金を支給するというベーシック・インカム導入案の核となるメッセージが込められていた。

 この金貨の山の写真は世界中に広がり話題となったが、ベーシック・インカム導入案は反対75%で否決された。

 写真では、1983年から2016年の間に行われたさまざまなキャンペーンを紹介する。

(文・Renat Kuenzi 独語からの翻訳・大野瑠衣子)