第17回環境映画祭でスイス作品に大賞と特別賞

環境問題に取り組んだ映画の祭典、第17回コメディア映画祭(ドイツ・フライブルグ)で、スイス作品2本に金オオヤマネコ賞と独環境省特別賞が授与された。(写真:環境省特別賞受賞作「コルクガシの木」から)

このコンテンツは 2000/10/23 11:25

環境問題に取り組んだ映画の祭典、第17回コメディア映画祭(ドイツ・フライブルグ)で、スイス作品2本に金オオヤマネコ賞と独環境省特別賞が授与された。(写真:環境省特別賞受賞作「コルクガシの木」から)

最優秀作品に授与される金オオヤマネコ賞は、フレデリク・ゴンゼス、キャサリン・アザズ両監督の「Stadt der Tiere」(動物達の町)が、独環境省特別賞は、ヴァディム・イェンドレイコ監督の「Urat und doch modern: Naturstoff Kork」(地球と同じ年、でも近代的:コルクガシの木、自然の産物)が受賞した。受賞作には、賞金4、000スイスフランが副賞として贈られた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する