Navigation

Skiplink navigation

スイスで自殺ほう助がタブーではない理由

人生を終えるとき 決めるのは誰?

人生を終えたい、でもそれを決めるのは誰―?年老いた二人の女性、クレア・ミュラーさんとルシュリ・ヴェンデルさんは、不治の病を患っているわけではない。でも、自分の人生に終止符を打ちたいと考えている。スイスの自殺ほう助機関「エグジット(Exit)」は、そんな人たちを支援しようとしている。(SRF/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2018/02/20 15:16

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する