Navigation

航空機離着陸の遅れをなくす委員会創設

スイス国内の離着陸時間の大幅遅れを改善しようと、連邦航空局、スイス航空、空軍、スイスコントロール(管制)がスイス・エアスペース・リーダーシップ・チーム, Saltを創設した。

このコンテンツは 2000/03/02 14:48

スイス国内の離着陸時間の大幅遅れを改善しようと、連邦航空局、スイス航空、空軍、スイスコントロール(管制)がスイス・エアスペース・リーダーシップ・チーム, Saltを創設した。

昨年スイスは、軍空域を犠牲にし、スイス空域の空路を拡張したが、Saltは、さらにスイスの空港の収容能力を拡大し、空港付近の離着陸ルートの単純化を計画している。Saltは、混雑する夏の休暇シーズン前に、改革案を導入したいとしている。

スイス航空は、20ー30%の改善を期待している。が、実際この問題は、欧州全体の問題であり、スイスが努力を示しても、自国内でしか影響力はない。

過去2年間、チューリッヒ空港はブラッセルと並び欧州で1番遅れる空港として、不名誉な地位に輝いている。チューリッヒ空港のメイン・オペレーター、スイス航空は、航空管制によって起こる遅れのため、年間1億スイスフランの赤字を出している。

スイス領空は、欧州で1番混雑しているだろう。東西・南北を結ぶ欧州主要航路は、スイス上空を飛んでいる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。