Navigation

Skiplink navigation

連邦議会、ギャンブル課税変更に合意 オンライン賭博運営も可能に

スイスの連邦議会は27日、宝くじやスポーツ賭博の賞金にかかる課税をめぐり、課税対象額を100万フラン以上とすることなどで合意した Keystone

スイスの連邦議会は27日、宝くじやスポーツ賭博の賞金にかかる課税をめぐり、課税対象額を100万フラン(約1億1500万円)以上とすることなどで合意した。国内には賭博の関連法が2つあるが、今回の合意で法律を一本化できるようになる。スイスに法人を置く場合に限り、オンライン賭博の運営も可能になる。

このコンテンツは 2017/09/28 10:55

今回の措置により、ギャンブルの賞金に対する課税の不均衡が是正される。これまでは宝くじやスポーツ賭博による賞金だけが課税対象だったが、今後は国内外のカジノも含まれる。

国内には1923年の富くじ賭博法、1998年の賭博法があり、今後この2つの法律を一本化する方向だ。新法は、マネーロンダリング(資金洗浄)などを防ぐため、オンライン賭博の規制を厳格化。オンライン賭博の運営も可能になるが、スイスに法人を置く場合に限る。オンライン賭博の賞金も所得税の対象になる。

ギャンブラーにとって悪い話ばかりではない。スイスで人気のポーカー大会が小規模ではあるが、これからはカジノの外でもできるようになるからだ。今回の改正案は今後、投票にかけられる。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する