Navigation

赤十字国際委員会年次リポート発表

ケレベルガー赤十字国際委員会総裁 Keystone Archive

赤十字国際委員会(ICRC)によると、貧困、グローバリゼーション、冷戦の終結が世界で紛争の火種をまき散らし武力闘争を拡大した今、人道援助の要請が第二次大戦以来最大だという。

このコンテンツは 2001/07/09 09:51

「今、世界大戦は行われていないが、世界中で戦争が行われている。紛争の数が増えるほど、人道の必要性も増す。」6日、ケニア・ナイロビで年次リポートを発表したジャン=ダニエル・トイシェ・オペレーション・ダイレクターは語った。現在ICRCは、世界で進行中の25の主な武力紛争の被害者達の救済にあたっている。トイシェ氏によると、昨今の武力紛争では一般市民達は犠牲者であるだけでなく、ターゲットとなっている。集団殺戮、レイプ、追放、食物・飲料水を断つなどの方法で、住民達は武力紛争の標的となっている。

一方、赤十字の職員達が攻撃されるケースも急増している。今年に入ってから、コンゴで6人、スーダンで1人の計7人がアフリカで殺害された。人道援助には危険がつきものだが、コンゴで起きた赤十字の車輌襲撃・職員殺害のような事件は赤十字の将来を脅かすものだとトイシェ氏は言う。

年次リポートによると、ICRCのミッションの約半数はアフリカで行われており、全予算の40%が費やされている。そのため、今回初めて本部スイス・ジュネーブを離れナイロビでの年次リポート発表となった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。