Navigation

連邦政府、インターネットでEUとの相互協定キャンペーン 開始

EUとの相互協定の可否を問う5月21日の国民投票に向けて、連邦政府は2つの新設ウェブサイトでキャンペーンを開始した。

このコンテンツは 2000/03/18 15:07

EUとの相互協定の可否を問う5月21日の国民投票に向けて、連邦政府は2つの新設ウェブサイトでキャンペーンを開始した。

EUとスイスの相互協定を結ぶ議案の可否を国民に問う国民投票で、何としても議案を通したい連邦政府。経済省と外務省が新設したウェブサイトで、国民に理解を求めるキャンペーンを開始した。

経済省と外務省のウェブサイトは、独・仏2か国語で、EUがスイスにとって如何に重要であるかを解説したもの。ユーザーからの政府に対する質問や意見も受け付ける。サイトは、地理的にも貿易の上でもスイスは欧州の1部である事を国民に忘れないよう呼び掛けている。そして、EUはスイスの最も重要な貿易相手であり、スイスの未来の繁栄はEUとの関係に懸かっていると指摘する。

意見調査では、国民の多数はEUとの相互協定に支持を表明している。が、懐疑的な意見も依然根強い。特に問題となっているのは、交通と給料ダンピングだ。反対勢力は、EUと相互協定を結べばスイス国内の交通量がさらに増える。特に大型車による輸送の増加が予想されるため、大気汚染など環境破壊が進むと警告する。また、安い外国人労働力がスイスに流入した場合、賃下げと失業率増加を引き起こす恐れが強いとしている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。