ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

遺伝子異常解明の手がかりとなるか、遺伝子スイッチボード

ジュネーブ大学の研究チームが、遺伝子異常の治療に役立つと期待される遺伝子の情報伝達に関する重大な発見をした。

ジュネーブ大学とモスクワのアカデミーサイエンスの共同研究グループは、遺伝子の動きをコントロールする調整成分の作用を研究している。これらの調整成分は、情報伝達を妨げる絶縁体または壁としての働きをするのもので、通常個々の遺伝子を隣接した遺伝子または配列の作用から隔離し独立した動きができるようにすると考えられている。

同研究チームのヴィンセント・ピロッタ教授は、「我々はこれらの絶縁体の2つのコピーのうち1つを取った場合、相互に避け合い打ち消し合うことを発見した。これは、一種のスイッチボードと考えられる。異なった遺伝子間、異なったゲノムのパート間のコミュニケーション確立の方法の1つで、他の伝達方法を予防するものだ。」と言う。この発見から、重要な疑問がわいてきた。ピロッタ教授は、「我々はこのネットワークに大変興味を持っている。ネットワークの構造的基礎を構成する細胞、最も重要な遺伝子の配列、分子の調整、細胞内の染色体の作用は、どのようにして確立されるのか。」と語る。

同チームの研究は、遺伝子治療に実際的な帰結があり、特定の重要な遺伝子機能と誤機能が人体の遺伝子異常をどのように創造するのかを理解するための手がかりになると期待されている。「過去2、3年間、遺伝子の基礎構造理解は大幅に進歩した。今我々がしなければならないのは、これらの遺伝子がどのように一緒に動き、実際に何をするのかを理解することだ。」と語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×