ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイス、若者の銃射撃コース受講者が増加

若者向けの射撃講習

若者向けの射撃講習

(Keystone)

スイスで近年、銃の撃ち方を学ぶ講習を受講する若者が増加している。

 独語圏の日刊紙アールガウアー・ツァイトゥング日曜版が、スポーツ射撃団体スイスシューティング他のサイトへの数字として、「Jungschützen(ジュニア射撃)」と呼ばれる若者向けコースの受講者が2015年の7千人から昨年は1万0079人に増加したと報じた。同コースの対象年齢は15~20歳で、兵役の準備講習として設置された。国民皆兵制をとるスイスでは成人男性に兵役が義務付けられている。女性は志願制。

 連邦政府はこうした施策を支援しており、昨年は軍用アサルトライフル1万585丁、弾丸93万発を射撃団体に支給。連邦国防省も若者向けの講習に86万2千フラン(約9900万円)、さらに上級者向けコースには6万5千フランを助成している。

 若者の受講者が増えたのは、16年の法改正で兵役準備講習の参加可能年齢が17歳から15歳に引き下げられたためとみられる。

 国内では一部の射撃団体が8~10歳の子供向けコースを開いている。始めは空気銃で10メートルの距離を撃つ練習をし、距離が300メートルに伸びた時点で軍用アサルトライフルの使用が許可される。

 スイスの銃規制関連法、および銃の所有率の高さは、護身用の武器を所持する権利や国民皆兵の意識が深く根付くこの国の現状をよく表している。射撃クラブも人気で、スイスシューティングは13万3千人の会員を持つ国内でも最大級のスポーツ団体だ。

 人口約830万人のスイスは今日、一人当たりでみた銃の所有率が欧米諸国で最も高い国の一つで、約200万丁が流通しているとされる。

Aargauer Zeitung/sb

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。